閉じる

放射冷暖房
SYSTEM

セントラルサーモシステムについて
セントラルサーモシステムは、今までの冷風・温風を吹く対流式の空調ではありません。 冷温水と空気を用い、床面の冷却・加熱による放射とペリメーター付近からの床吹出しを組合わせた、ハイブリッド空調システムです。 水と空気が創り出す、人と環境に優しい快適空間。心地よい温度と静けさを実現し、居住域空調による高い省エネ効果を発揮します。 すでに国内の著名な施設での採用実績は500件以上。大空間空調の悩みを解消できる唯一の空調システムといわれる理由がここにあります。
システムイメージ(冷房時)
システムイメージ(暖房時)
冷房時
床面温度を21℃に制御し、居住域の室温を27~28℃に保ちます。 室温27~28℃でも体感温度は26℃程度の涼しさのため、エネルギーコストを削減しながら、居住域の室温を均一に分布させます。
暖房時
床面温度を29℃に制御し、居住域の室温を18~20℃に保ち ます。室温18~20℃でも体感温度は22℃程度の暖かさがあ り、エネルギーコストを削減しながら、居住域の室温を均一 に分布させます。
主な特徴
Feature.1
快適性
ドラフトを感じません

床全体で、人間の体温より冷房時には低く、暖房時には高い放射面をつくり、
放射効果による熱のやり取りで、風だけに頼らず穏やかに室温と体温を調和します。

温度ムラがありません

床放射面がバランスよく冷やされ、暖められるため室内温度のムラが 少なく空間の隅々までほぼ均一な温度になります。

とても静かです

少ない風量、またペリメーター部からの吹出風速を極限まで抑えるた め従来の空調に比べ格段に静かさを保てます。

Feature.2
省エネ性
居住域だけを空調します

床面から2m程度の居住域のみを空調するため、天井の高い空間ほど省エネになります。
また、放射の効果により室内設定温度を下げる(上げる)ことができ、省エネにつながります。

熱を運ぶのが得意な「水」の力を利用します

放射面は水の力で創り出します。 水による熱搬送用動力は空気に比べ1/4以下であるため、電気消費量が低減されます。

水の温度は中温度で十分です

床面を冷やし、暖めるための水の温度は、冷房で約16℃、 暖房で43℃程度。
従来空調に比べ、夏は高く、冬は低い送 水温度でも十分な能力を発揮します。
また井水や地中熱、 太陽熱などの自然エネルギーも活用しやすい温度帯です。

Feature.3
デザイン性
壁や天井から吹出口や吸込口等の露出をなくすことができ、壁や床面を自由に利用できるため、
建築デザイン上の様々なニーズにお応えできます。
システム紹介
床を二重構造にし、二重床上部には冷温水配管を埋設し、下部には熱回収を行う空調空気を送風するシステムです。
熱容量の大きい水を熱媒とする冷温水配管による安定した放射効果と、
床下を経由して窓際や壁際の床吹出口から室内空間に吹き出す空調空気によってペリメータ処理も行え、
温度ムラや気流感が少ない空調を可能にします。
床躯体上の断熱材と床冷暖房用の冷温水パイプの間にパイピングプレートと呼ばれる空調空気送風スペースを持ち、ダクトレス化を実現しました。
荷重試験から、点荷重で45tという破壊強度結果が示されており、十分な耐荷重性能があります。
※OAフロア・鋼製床等対応のパイピングプレートもラインアップしており、幅広く設置可能です。
冷温水式
パイピングプレート式
一般的なコンクリート床に幅広く対応できる普及型モデルです。
床スラブを200mm程度さげることで施工が可能で耐荷重性能も非常に強く、展示品等の重量物を設置しても安心な構造です。
OAフロア式
オフィスなどOAフロア空間にもご採用いただけます。
OAフロアにもご採用いただけるよう専用部材をご用意してます。床下配線も可能で、従来のOAフロアの機能は損ないません。
エアフロ―プレート式
従来までのパイピングプレート式に加え、負荷に応じて選べる 高風量対応モデルです。
より多くの風量を床下に送風することが可能な高風量タイプを新たにラインナップに加えました。今まで以上にご採用いただける案件の幅が広がりました。
鋼製床式
体育館、ホールなどの鋼製床にも対応、
大空間でも設置が可能です。
鋼製床のも対応しており、主に体育館、武道場、トレーニング施設でご採用いただいております。
冷温水式導入事例
詳細を見る▼
採用事例:NICCAイノベーションセンター
【建築概要】
所在地:福井県福井市
建築主:日華化学(株)
延床面積:7495.73㎡
階数:地上4階
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
主要用途:研究施設
建築面積:2,600㎡
空調方式:井水利用ヒートポンプ空調方式
仕上げ:タイルカーペット
竣工年月:2017年11月
デザインへの対応
コモン(広場)と呼ばれる複数のキューブ状の吹き抜けが縦横につながる大空間は自然エネルギーを最大限に活かしつつ床、壁、天井と、放射空調が至るところに採用され、勤務者が快適に働ける環境性能が備えられている印象的な空間です。放射空調で使用する冷温水の温度帯は冷房時16℃~18℃、暖房時35℃~40℃程度と従来の空調と比べ、夏は高く、冬は低い温度です。このように中温度域の冷温水でも空調に効果的な能力を発揮できるため、自然とエネルギーとの相性がよく大きな省エネルギーを実現します。
システム紹介
二重床内に空気式床放射冷暖房システム用の特殊ダクト(フィルムダクト、パイピングプレート、エアフロープレート)を敷設し、空調機からの空調空気を送風します。送風された空気は床面を暖め(冷やし)ながらペリメーターの床吹出口より室内へ吹出されます。 空気による熱伝導で、床面の冷却・加熱による穏やかな放射効果が得られ、併せて室内に吹出された対流が組み合わさり、大空間 での居住域空調を実現します。
空気式
フィルムダクト式
体育館、トレーニングセンターなど、
二重床空間に適合し、快適空間を創り出します。
専用のフィルムダクトはフレキシブルな施工を可能にし、放射効果を高める気流変換器で床全体を均一に冷やし(暖房時は暖め)ます。
パイピングプレート式
大空間の床下に満遍なく送風が可能
エントランス、ロビーの床下空調に最適
床スラブを200mm程度下げることで施工が可能。空気による穏やかな 対流・放射環境を創り出します。
エアフロ―プレート式
大風量を床下に送ることができる
高風量タイプもご用意しました。
多くの風を床下に送風でき、
高負荷空間への対応も可能になりました。
空気式導入事例
詳細を見る▼
均一な温度空間で快適です!!
床下射冷暖房システムは床面を均一に暖める(冷やす)ため、下記のサーモ画像のように空間の隅々まで温度ムラのない快適な環境をつくることができます。また空気の吹出しも併用しているため、立ち上がりの時間もそれほど長くかかりません。 例えば、以下の体育館のような大空間であっても、冬の底冷え防止、夏の熱中症対策にも有効で、従来の対流式空調を比べ、より効率よく空調することが可能です。
採用事例:神田一橋中学校
【建築概要】
所在地:東京都千代田区
建築主:千代田区
延床面積:10293.51㎡
階数:地下1階・地上4階
構造:SRC造
主要用途:体育館
建築面積:2,691.41㎡
空調方式:フィルムダクト式
仕上げ:フローリング
竣工年月:2014年8月
暖房時のサーモ画像
体育館・トレーニングセンターの空調とマッチ!
体育館やトレーニングセンターはもともと二重床を必要とする施設のため、二重床内に専用のダクトを設置するだけの当システムはたいへん相性がよい製品です。また、近年では体育館が災害時の避難所と位置づけられており、空調設備を整えておくことが必須となっているため、より一層普及していくことが予想されます。
空調ダクトの代用品として利用可能!
空調対象エリアへのダクトワークが困難な計画に対し、パイピングプレートやエアフロ―プレートを設置することで、床下をダクトの代わりとして代用できます。吹抜けの大空間、ガラス面が多い空間など、多くの案件の問題を解消しています。